「図形講座」に参加された皆様へ

みなさん、こんにちは。公務員アドバイザーの中島です。

ご周知のことかと思いますが、東北地方太平洋沖地震で甚大な被害が起こっています。
被災地の方々、被災地にご家族や知人がいらっしゃる方々には心よりお見舞い申し上げます。 
また、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

私も一国民として、また防災に関わっている者として、みなさんと同じようにこの状況を非常に
心配して見ています。

募金や買いだめをしない等、一人ひとりやれることはあります。
でも、受験生であるみなさんは活動する余裕はなかなかないと思いますし、そんな中でやるせ
ない気持ちの方もいるかと思います。
復興には時間がかかりますので、公務員試験後にもやれることはまだあるかもしれません。
今は、手を差し伸べたいという気持ちや、寄り添う気持ちがあれば十分だと思います。

試験対策等で大変な時期ではありますが、見守っていきましょう。
 


さて、「図形講座」の件ですが、レジュメの訂正がありますのでよろしくお願いします。

【14ページ・正答番号】
例題7:4(畑中敦子の判断推理の新兵器!No.77)→
    4(畑中敦子の数的推理の大革命!No.77)
問1:1(ウォーク問123)→1(ウォーク問133
問2:2(ウォーク問126)→2(ウォーク問136
問5:4(ウォーク問117)→4(ウォーク問127
問6:2(ウォーク問115)→現在、掲載されていない問題です。
問7:4(畑中敦子の判断推理の新兵器!No.78)→
     4(畑中敦子の数的推理の大革命!No.78)

私が使っているウォーク問が現行のものより古いため、問題番号が違っていました。
最後のページに解法はありませんが正答番号を載せています。あることを知らない方が多かった
ようですが、参考にしてくださいね
また、講義で定理集が載っている参考書を「ワニ本の判断推理」とお伝えしましたが、「ワニ本
数的推理」の間違いでした。

訂正は以上です。1週間も遅れ、大変申し訳ありませんでした。



先日の「図形講座」に参加されたみなさん、ありがとうございました
予想を遥かに超える大人数の方に参加していただき、講座を開いて良かったなぁと思っていま
と同時に、多くの方が図形を苦手にしているということを改めて実感しました

個人的には人生初の講義だったということもあり、力不足で分かりづらかった所も多々あった
かと思いますが、いかがだったでしょうか?少しでもみなさんが図形を理解するのにお役に立
てたなら幸いです。
6階での質問もいつも通り受け付けてますので、遠慮なく来てくださいね



続いてですが、講義後に書いていただいたアンケートの中でこの場でお答えできることが3つ
あるので、それぞれ書いていきます

問6の切断面はどうなるのか
ウォーク問に載っている問題とばかり思ってましたが、削除されていたんですね…。すいません。

どのような立体図形になるかは講義でお伝えした通りです。

この問題を解く前にまず覚えるべきことがあります。
それは、「円錐を切断するとどんな形になるのか」 ということです。
切断面は、円や放物線、双曲線になります。Kマスターを持っている方はそちらも参考にしてくださいね。
立体図形では、このように切断面をまず「覚える」ことが重要です!
それを覚えると切断面に直線が出てこないことが分かり、肢4、5は切れます

それから、厳密でなくて良いので立体を切断すると、
切断面は上から順に、膨らんで(Bの高さ)→しぼんで(C、Pの高さ)→膨らむ(D、Eの高さ)
という形になることが分かると思います。それが分かれば肢3は切れます
残るは肢1、2です。

肢1、2の違いは、上の膨らみ具合が違うということです。
肢1は上が下より幅が狭く、肢2は上と下の幅が同じです。

立体ではなく、問題に載っている平面図形をP、Qを通るように切断します。
すると、Bの高さで切断される点と、Dの高さで切断される点は、
AEを軸とすると、その軸からの距離が等しくなっていることが分かります。
ということは、切断面の膨らみ具合も等しくなります。

よって、上下の膨らみが同じである肢2が正解ということになります。

いかがでしょうか?分からない方はまた個別に質問してくださいね


数的でも、捨て分野を作った方がいいのか
志望する自治体がはっきりしていて、その出題傾向を見て出題頻度が低い分野は捨てても良い
と思います。

当然いくつか併願すると思いますが、第一志望に出ない分野を優先的に捨てるべきだと思いま
す。また第一志望を優先しすぎると、第二志望以下の自治体では出る分野を捨てることにもな
るので、バランスを考えて選択しましょう(どこかのCMの宣伝文句みたい…)

出題傾向は、W問とスー過去の各章の始めに載っているのでそれを参考にしました。問題集に
よって若干異なることもあるので、片方が出ると書いてあったらその分野は捨てないようにし
てました。
あと、各問題に括弧書きでどこのいつの過去問かを書いてあるので、それも参考にしました。

ちなみに、私は第一志望が地方上級ということがはっきりしていたので、いくつか捨ててまし
た。例えば、数的推理ですと、素因数分解、覆面算、魔方陣、ダイヤグラム等は1~2回通り
は勉強しましたが、それ以降は解きませんでした。模試に出たらやる程度です。

直前期に突入しつつある今(受ける自治体によりますが)、効率良く勉強することはとても大
事ですので、捨てるものは捨てて、やるべきところに重点を置くという思い切りの良さも必要
かもしれませんね


無料で講義されたものは、欠席しても資料をもらうことはできるのか
できますよ
ただし、資料は講義をした各講師が持っているので、先生方がお持ちでなければもうありませ
個別に各講師に相談してください。
また、私の講義のように問題が載っているだけの資料ですと、講義に出席してないと意味不明
なものになってしまいますので、そのことも考慮してもらいに来てくださいね



直前講座の受付も始まり、だんだん追い込み態勢に入ってみる方もいると思います
体調に気をつけて頑張ってくださいね 



公務員サイトランキング(リンク集) に参戦中です!
皆様のクリックお待ちしています
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

公務員に関すること、何でも質問してください。
LEC公務員コース生の方は、ご相談、ご質問、何でも承ります。お気軽にこちらに入力してください。LEC生ではなくても、受講に関するご質問に限り承ります。(公開されることはありません。)

会員番号・お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

このブログの使い方♪
プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
↑画像について:さあ、いよいよ今年は受験年!前のみを見つめて、ひたすらに勉強に励みましょう!!LECも応援しています。

~東海地方の
  公務員受験生集まれ!~


公務員試験予備校、LEC(レック)名古屋駅前本校の公務員情報ブログです。

勉強方法から受験情報、面接対策まで、東海地方に特化した盛りだくさんの情報をお送りしています。

行政系公務員はもちろん、心理福祉系や技術系公務員も幅広く取り扱っています。

★LEC名古屋駅前本校★
名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル(受付6F)
052-586-5001

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
使える!公務員リンク集
FC2カウンター
ジオターゲティング

目指せ、400アクセス/day!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード