数的処理の勉強法~中島壮太郎編~

みなさん、どうも!
慌てていても、慌ててるようには見えない!
とよく言われるアドバイザー中島です(笑)。 


さて、私も大変遅ればせながら数的処理について書こうと思います
初回は数的処理・全般についてのお話をします。

ご存知の方もいるかと思いますが、私は2年程試験勉強をしました 。。。

ということで、今回は1年目についてのことを書きます
2年勉強したと言っても、1年目も筆記試験は合格したので、参考にしていただけたらと思います。
2年目についても追々書こうと考えています(…多分)

 

問題集
・Kマスター
・ウォーク問
・ワニ本

が1年目に使っていたものです。
私は10月下旬から始めましたが、大学、仕事、バイト等一切何もしておらず、
完全に勉強に専念してました



勉強法

講義>
最初は
五味先生の講義を受け・・・
頭いてー

というのが率直な状況でした
(笑) 。

理系出身ではありますが、2時間半という長さの講義は、
久しく授業を受けていない私にとってはヘビーなものでした 。
頭痛いとだんだん最前列にもかかわらず睡魔が…

でも、講義そのものは非常に分かりやすいものでした
五味先生に感謝


そして、頭をガンガンとさせた講義への復讐・・・もとい復習は、
帰りの電車の中や、翌日にやっていました。

とは言うものの、この大変な数的処理をやることは体力を消耗するため、
サボりたくなる時もありました

ところが、
「鉄は熱いうちに打て!!」
という言葉が幾度となく頭をかすめ 、
サボらずに何とか頑張りました


問題演習>
講義が終わった単元は徐々にウォーク問を解き始め、
私も他のアドバイザーのように問題集は3回通りやりました。

1回目
基本的には自力で解こうとしましたが、解けない問題が多かったです。
分かりそうで粘って考える時は、20~30分かかってしまうことはザラでした。
しかし、時間をかけ過ぎることは時間の浪費です。

ですので、5~10分経っても手が全く動かない時は、
打ち切って答えを見る
       or
講義のレジュメやKマスターをヒントに再チャレンジ
していました。 

公務員NEWSでも同じことを書いていますが、とにかく大事なことは、
         費用対効果
です。

20分かけるなら、その分だけ考える力、応用力が付く、という成果があれば良いですが、
その時間の割に成果が感じられそうになければ、答えを見て覚える方が得策です。


理数系が苦手な方へ
答えを見て覚える方法がオススメです(5~10分で見切る)。

数的処理を得意分野にしたい方へ
再チャレンジの方法を取る方法がオススメです。
あ、でも時間は何分までかを区切りをつけてやってくださいね!(20~30分程度)

時間の目安はあくまで中島による基準です。

問題を解いた後には、○(5分以内で正解)、△(5分以上で正解)、×(不正解)
のチェックをしました。


2回目
○△×に関わらず、全て解きました。
2回目からは、10問連続で解きます。

私の場合は、
判断推理3or4問、数的推理3or4問、図形2問、資料解釈1問
でやりました。


3回目
△×のみ解きました。
3回目のチェックができた時点で、どの分野が苦手か把握できるようになります。
それ以降は苦手分野を中心に勉強しました。


<ワニ本について>
正直かつ少し極端な言い方をしますと・・・
五味先生の講義を受けている人は、ワニ本は必要ない
と思います。
 
というのは、ワニ本に書いてるあることは、問題に対する分かりやすい解説であって、
五味先生の講義では、そのワニ本と同程度の解説を受けられるからです

とは言っても、五味講義を受けたからといっても、全てを理解できない人もいるでしょう。

ですので、

五味講義を受けた人で、ウォーク問やスー過去などの問題集の解説が大体分かる人は、
必要ないと思います。

逆に、五味講義を受けてない人、問題集の解説がワケ分からん!という人は、
ワニ本から手を付ける方が良いと思います。

また、他のアドバイザーが言っているように、
ワニ本は他の問題集と比べ、取り扱っている問題の難易度が異なる(易しい)
という特徴もあります。
ワニ本を使う方が良いか、使わなくても良いかは、人それぞれ違いますので、
最も自分が効率よく学習できるように使ってください。

自分が「どちらが合うか分からない!」という方は、是非、LEC6階までお越しください



解答の意味が分からない問題について
どんどん聞きましょう!

私は付箋を貼っておいて、しばらく放置したこともあります。
これはどちらかと言うと、考える力を付けたい方へ勧めるやり方です。

どういうことかと言うと、他の問題を解いていく内にだんだん力が付き、
しばらくしてから見ると、自力で解答の意味が分かるようになる、ということです。

ですので、数的処理が苦手な方には勧められないですし、効率もあまりよくありません。
自分に合った方法でやりましょう。




今後も数的処理について想うことを書いていこうと思ってますので、
また時間がかかるかもしれませんが、どうかお待ちくださいませ

そして、この面倒くさい数的処理を一緒に頑張っていきましょ~



ぜひクリックしてください! みなさんの声援が私たちのモチベーションです。
公務員サイトランキング(リンク集) に参戦中です
皆様のクリックお待ちしています
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

公務員に関すること、何でも質問してください。
LEC公務員コース生の方は、ご相談、ご質問、何でも承ります。お気軽にこちらに入力してください。LEC生ではなくても、受講に関するご質問に限り承ります。(公開されることはありません。)

会員番号・お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

このブログの使い方♪
プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
↑画像について:さあ、いよいよ今年は受験年!前のみを見つめて、ひたすらに勉強に励みましょう!!LECも応援しています。

~東海地方の
  公務員受験生集まれ!~


公務員試験予備校、LEC(レック)名古屋駅前本校の公務員情報ブログです。

勉強方法から受験情報、面接対策まで、東海地方に特化した盛りだくさんの情報をお送りしています。

行政系公務員はもちろん、心理福祉系や技術系公務員も幅広く取り扱っています。

★LEC名古屋駅前本校★
名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル(受付6F)
052-586-5001

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
使える!公務員リンク集
FC2カウンター
ジオターゲティング

目指せ、400アクセス/day!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード