専門試験の科目選択について

 
こんにちは!!
昨日愛用のiPodが壊れてしまったアドバイザーの武藤です
3年くらい使っていたので、そろそろ寿命だったんですかね

最近、『専門科目の主要科目以外の選択をどうしよう』という質問をよく聞きます。
そのため、今回の記事では科目選択について書こうと思います。
以前この内容についてのガイダンスもあり、公務員NEWSにも掲載しているので、
各科目の詳細については省略しますね

多くの科目が出題される試験種である、国家一般職の出題科目で話を進めていきます

まず国家一般職での出題科目は
政治学、行政学、国際関係、社会学、憲法、行政法、民法Ⅰ、民法Ⅱ、ミクロ経済、マクロ経済、
財政学・経済事情、経営学、心理学、教育学、英語(基礎)、英語(一般)

16科目中8科目選択(必須回答科目なし)となっています。
そのうち、主要科目(憲法、行政法、民法Ⅰ&Ⅱ、ミクロ、マクロ)で6科目カバーできます。
そのため最低2科目必要になります。
とはいっても、一般職の問題の難易度は科目によって大きく変わります。
8科目ギリギリだと、以上に難しい問題が出た場合に対応できなくなります
なので、大半の人は2科目+予備科目1つの計3科目程度用意しています

僕の場合は主に財政学・経済事情、経営学を選択するつもりでいて、
一応予備科目として英語(基礎&一般ともに)を準備しておきました。

これら科目のうち、財政学・経済事情は多くの人が選択します。
多くの試験種で出題され、経済原論と被る部分も多いからです。
しかし、経営学をどうするかは人それぞれです。
中部北陸型の地方上級では出題がないため、選択しない人もいます。
選択しない人は、その代わりとして政治学を選択する人が多いです。

理想は経営学政治学の両方とも学習することです。
しかし、時間の都合などでそう簡単にはできないです。
そこで、経営学政治学それぞれの長所・短所を書きたいと思います。

<経営学>
◎内容が公務員試験っぽくなくて学習しやすい(人間関係など)
◎政治学に比べて範囲が狭い
◎出題試験種は少ないものの、出題される試験種では問題数が多い
×中部北陸型の地方上級では出題されない

<政治学>
◎教養試験でも出題されるのでコスパがいい
◎大半の試験種で出題される
◎選挙制度など、他の専門科目と被る分野がある
×経営学に比べて範囲が広い

とそれぞれの◎長所◎・×短所×があります

僕にとっては政治学の内容がとっつきにいものだったので
政治学は選択しなかったです。(一応軽ーく問題集を回す程度はしました)

人それぞれの好きな勉強・嫌いな勉強があるので一概には言えないですが
科目を選択するのに少しでも参考にしてもらえたら幸いです
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

公務員に関すること、何でも質問してください。
LEC公務員コース生の方は、ご相談、ご質問、何でも承ります。お気軽にこちらに入力してください。LEC生ではなくても、受講に関するご質問に限り承ります。(公開されることはありません。)

会員番号・お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

このブログの使い方♪
プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
↑画像について:さあ、いよいよ今年は受験年!前のみを見つめて、ひたすらに勉強に励みましょう!!LECも応援しています。

~東海地方の
  公務員受験生集まれ!~


公務員試験予備校、LEC(レック)名古屋駅前本校の公務員情報ブログです。

勉強方法から受験情報、面接対策まで、東海地方に特化した盛りだくさんの情報をお送りしています。

行政系公務員はもちろん、心理福祉系や技術系公務員も幅広く取り扱っています。

★LEC名古屋駅前本校★
名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル(受付6F)
052-586-5001

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
使える!公務員リンク集
FC2カウンター
ジオターゲティング

目指せ、400アクセス/day!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード