模試の活用法について

 
こんにちは!
やはりブログを更新する時は1日に複数記事を書く、アドバイザーの武藤です

前の記事でも書いたように、今日(1月22日)はトライアル模試第2回がありました。
自分の勉強してきた成果が発揮できた人、自分ではイマイチ納得できない結果だった人など
様々な人がいると思います

しかし、あくまでも模試は模試にすぎません。
模試で満点近く取れていても、本試験がダメなら合格できません。
言い換えれば模試の結果はボロボロでも、本試験で高得点が取れれば合格できるわけです

そこで、この記事では模試の有効活用法について書こうと思います

まず、模試を受けるときのことです。
時間が足りなくて解けなかった問題など、勘でマークした問題もあると思います。
そういった問題には、自分が適当にマークしたことが分かるように、何か印をつけておいてください
その理由は、後に『時間があれば解けた問題』か『時間があっても解けなかった問題』なのかをはっきりさせるためです。
両者の違いは後に説明します

次に、模試を受けた後のことです。
できればその日のうちに、無理な場合は遅くても翌日までに必ず復習をしてください
復習が模試の全て言っても言い過ぎではないと思います
そのときは、『時間があれば解けた問題(ケアレスミスも含む)』『分からなかった問題』をしっかり区別してください。
特に『分からなかった問題』の復習を重点的にやってください。


そして、ある程度時間が経った後(直前期)のことです。
これは去年のアドバイザーの人に教えてもらったことですが、
直前期に、もう一度模試同様に時間を測って解いてみてください
『模試本番では間違えたけれども直前期に解いた場合は解けた問題』、
『直前期にも間違えてしまった問題』があります。
何度も間違えてしまう問題の分野を把握し、その弱点を克服することが直前期の勉強では重要です。
そのため、問題冊子の自分で書いた部分は消した方がいいです。

まとめると、
模試を受ける→間違えた部分を復習する→時間を置いてもう一度時間を測って解く→弱点部分の把握→そこの補強
という感じです。


まだまだ勉強を始めたばかりの人も多く、
思うように点が伸びない人も多くいると思います
そういった人ほど模試を有効活用して、最短で合格に近づいて欲しいと思います

ではでは、模試の復習頑張ってくださいね

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

公務員に関すること、何でも質問してください。
LEC公務員コース生の方は、ご相談、ご質問、何でも承ります。お気軽にこちらに入力してください。LEC生ではなくても、受講に関するご質問に限り承ります。(公開されることはありません。)

会員番号・お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

このブログの使い方♪
プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
↑画像について:さあ、いよいよ今年は受験年!前のみを見つめて、ひたすらに勉強に励みましょう!!LECも応援しています。

~東海地方の
  公務員受験生集まれ!~


公務員試験予備校、LEC(レック)名古屋駅前本校の公務員情報ブログです。

勉強方法から受験情報、面接対策まで、東海地方に特化した盛りだくさんの情報をお送りしています。

行政系公務員はもちろん、心理福祉系や技術系公務員も幅広く取り扱っています。

★LEC名古屋駅前本校★
名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル(受付6F)
052-586-5001

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
使える!公務員リンク集
FC2カウンター
ジオターゲティング

目指せ、400アクセス/day!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード