FC2ブログ

シリーズ!合格者の民法勉強法~濱田祐輝編~

こんにちは!
名古屋校合格者アドバイザーの濱田です。

濱田民法 
※撮影:島田象弘


数的処理、経済原論の勉強法に引き続き、今回は民法の勉強法をつらつらと書いていきます。

さて、民法という科目。量が多いですよね、嫌な方もたくさんいると思います。
今回は、覚えるの大嫌い!理系な僕が、どう民法を勉強していったかを書いていきます。


まず、僕のスペックとして、

池田先生の生講義を受けていて、最後の講義は2月に終了
理系丸暗記が大嫌い。 (でも理論を覚えればイケる)
極力楽して合格したい

といった感じでした。
そして使った問題集は、

・クイックマスターウォーク問(以下W問と表記)
  (講座に付属でついてくる問題集です)
スーパー過去問ゼミ(以下スー過去と表記)
  (実務教育出版。解説のわかりやすさに定評があります)

以上の2冊になります。




 12~2月(生講義W問で演習) 

 

【1】池田先生の生講義を聴く。
   ↓
【2】次の講義までに、聴いた範囲をざっと見直しW問で演習をする。
   ↓
【3】次の生講義を聴く。

という流れで進めていきました。


池田先生のレジュメは、あの膨大な民法がものっすごく簡潔にまとめられていて、超オススメです
(ただし講義に出ていないと、簡潔が故にわかりづらいので注意)
なので、基本的には 池田先生のレジュメを見直してW問で演習
それでもわからない所は細かい論点を、テキスト(スー過去を始めてからはスー過去)で見直す

ただし、スー過去を持っている方は、テキストでなく、スー過去レジュメ部分で事足ります。
そういった方は、レジュメとスー過去で十分だと思います。


※一週目は、とりあえず講義についていくことを第一に考え、3日連続で解く方法は用いていません。
 基本的な問題が解けるようになったらOKとしていました。



2月~(スー過去で演習)


3日連続で解く方法で、経済原論同様トップギアで行きました。
必修問題も実践問題もまとめて行い、わからない問題は解答を読み込み、
必要な論点を補っていきました。

この時も池田先生のレジュメを大元として、それ以外に必要な論点のみ、
スー過去のレジュメ部分(問題の前に、論点がまとめてある所です)
を読み込んでいました(非常に丁寧でわかりやすいです!)。


民法を勉強する際に心がけたのは、丸暗記するのではなく極力理解するということ。
僕は本当に暗記が苦手な人間ですが、理論を理解すれば覚えられ、忘れにくい人間でした。
民法というのも、どうしてこういう場合は契約が無効になるのかなど、結論が生まれる理由があるんです。
一週目は時間をかけてもこれを理解し、かつ3日連続で解く方法を用いて
・極力少ない演習回数で頭に叩き込むこと
・忘れにくいこと
を重視しました。
僕は面倒くさがりなので、なるべく少ない勉強で合格したかったんですね。

とは言え、経済同様初めから100%理解できるはずもなく、何周も演習を行う中で、少しずつ理解度を上げていきました。
そして、その理解度を上げるのは、スー過去と池田先生のレジュメで十分でした。
ただし、その理解度の上げ方を大きくできるよう、工夫はしていました。

ちなみに演習のペースは一日一単元です。
ただし、3日連続で解く方法で演習していたので、実際の演習量は一日三単元でした。
(ただし、民法1と民法2両方をやっている時期は、当然量は2倍になります)





5月後半~6月(池田先生のレジュメを元に、スー過去で問題演習)

さて、いくら忘れにくいよう工夫して勉強しても、あれだけ範囲が広いとどうしても覚え切れない分野が出てきます。
なので、直前期はどうしたかと言うと、池田先生のレジュメで取り上げられている部分のみ、勉強していました。

池田先生のレジュメは、マイナーな分野は紙面にすら載っていなかったりしますが、所詮そこはマイナー分野。
ホントに実際の試験ではほとんど出ません。
なので、直前期はこんな所をやっても時間のムダということで、
レジュメに載っている出やすい範囲のみ勉強していました。



国家2種・名古屋市2~3日前、超直前期(池田先生のレジュメを読み直す)

さぁ、いよいよ主な試験主な直前期、でも問題演習には時間がかかる。どうする?
ということで、問題演習はこれまでに散々やってきたので、レジュメを読み込んで暗記事項の再確認です。

本当の直前期は、問題は解いていません。
だって、問題を解くと時間がかかり、少しの範囲しか勉強できないからです。

加えて、問題を解くアウトプットの練習は十分足りていると思ったのも理由の一つ。
それなら、知識を確認しつつ、良く出る範囲を満遍なく復習した方が良いと思い、レジュメの読み込みを行いました。

で、ちゃんと実際の試験では6~7割取れました。




以上です。

僕は名古屋市(経済)志望でしたので、民法は7割取れれば良いと割り切って勉強していました。
ですので、マイナーな分野はほとんど勉強していませんし、ほとんどスー過去しか勉強していません。

名古屋市(法律)志望の方や、もっと高得点を目指すという方は、是非木下や宮林の勉強法を参考にしてください★
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

公務員に関すること、何でも質問してください。
LEC公務員コース生の方は、ご相談、ご質問、何でも承ります。お気軽にこちらに入力してください。LEC生ではなくても、受講に関するご質問に限り承ります。(公開されることはありません。)

会員番号・お名前(必須):
メールアドレス(必須):
件名:
本文:

このブログの使い方♪
プロフィール

LEC名古屋校

Author:LEC名古屋校
↑画像について:さあ、いよいよ今年は受験年!前のみを見つめて、ひたすらに勉強に励みましょう!!LECも応援しています。

~東海地方の
  公務員受験生集まれ!~


公務員試験予備校、LEC(レック)名古屋駅前本校の公務員情報ブログです。

勉強方法から受験情報、面接対策まで、東海地方に特化した盛りだくさんの情報をお送りしています。

行政系公務員はもちろん、心理福祉系や技術系公務員も幅広く取り扱っています。

★LEC名古屋駅前本校★
名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル(受付6F)
052-586-5001

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
使える!公務員リンク集
FC2カウンター
ジオターゲティング

目指せ、400アクセス/day!
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード